重い障害をお持ちの方が利用可能な医療型短期入所サービスのコーディネーター事業開始

在宅の重度心身障害児者など、医療的ケアを必要とする障害児者が利用できる県内の医療型短期入所事業所は、現在9事業所(約30床)あります。利用希望者への事業所の紹介や、職員を対象とした研修を行うコーディネーターが、仙台市と宮城県の共同で配置され、7月17日から業務が開始されました。

<宮城県内の医療型短期入所事業所:(  )は対象年齢>
●仙台エコー医療療育センター(要相談) ●宮城県立拓桃園(18歳未満)
●仙台西多賀病院(要相談) ●光ヶ丘スペルマン病院(中学生以上) ●宮城病院(小学生以上)        ●栗原市立若柳病院(中学生以上)●登米市立米谷病院(中学生以上)●石巻市立病院(18歳以上)
●老人保健施設リバーサイド春圃(中学生以上)

<相談窓口>
仙台エコー医療療育センター :022-394-7711
*コーディネーターへの相談希望とお申し出ください。
受付時間:月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで
(休日・祝日・12/29~1/3を除く)
※詳しくは、宮城県・保健福祉部・障害福祉課のホームページをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください