救急医療情報“新システム”導入:関係病院への十分な説明を求める

救急隊が入力した照会・搬送情報が地域の病院と共有できる機能を追加し、救急搬送の効率化を図り、搬送時間の短縮をめざすものです。2018年度は改修作業を行い、2019年4月から仙台医療圏を対象に導入予定です。新たなシステムに変更となる塩釜・黒川地域等の病院との意思統一を十分に行うよう求めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA