新型コロナから雇用を守る取組を

新型コロナのもと、解雇・雇止めが増え、宿泊・飲食業、小売業などで働く非正規雇用労働者(特に女性)を直撃しています。そこで、以下5点について知事に求めました。知事の回答と合わせて報告します。

①解雇・雇止めの未然防止に全力で取り組むこと。

⇒県独自で雇用調整助成金の上乗せ補助を行っている。

②失業者の雇用対策を講ずるとともに、失業手当がない人への救済措置を講ずること。

⇒解雇や雇止めされた方を正社員として雇い入れた事業主に雇用奨励金を支給。

⇒国の求職者支援制度の活用を促すなど、宮城労働局と連携して早期就職を支援する。

③雇用調整助成金(12月末まで延長)や社協の総合支援金の特例期間、住居確保給付金(最大9か月)の支援期間の更なる延長を国に求めること。

⇒雇用調整助成金については全国知事会を通じて9月29日に要望した。他も必要に応じて受付期間の延長を国に要望する。

④新・宮城の将来ビジョンに「正規雇用を増やす」と明記すること。

⇒ビジョンで掲げている「質の高い雇用」に、正規雇用を増やしていくという観点も既に盛り込んでいる。

⑤生活保護の更なる要件緩和を図ること。また、困窮したときは国民の権利である生活保護をためらわずに申請するよう、知事から県民に訴えること。

⇒国の通知により生活保護の柔軟な取扱いが可能となり、適切に実施されるよう県の保健福祉事務所及び市の福祉事務所に周知徹底を図っている。

生活保護について村井知事から県民へのメッセージ

生活保護は、最後のセーフティネットとして大変重要な制度であり、様々な支援制度を活用しても、なお、生活に困窮する事態になった場合は、是非、活用していただきたいと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください