子どもたちに「少人数学級」を

コロナ禍の中、40人学級では3密が回避できず、この間、全国知事会等3団体、小中高校の校長会などが少人数学級実現の要望書を文科大臣に提出し、文科省は来年度予算案概算要求に少人数学級を盛り込みました。一方、新・宮城の将来ビジョンでは、政策推進の柱の1つとして「社会全体で支える宮城の子ども・子育て」が新たに掲げられました。

そこで天下県議は、新ビジョンに「少人数学級の導入」を盛り込むことを提案しました。知事は、「新ビジョンにおいては、国の動向も視野に入れながら、学習環境の充実について、方向性として示してまいりたい」と答えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください