新型コロナ患者の病床確保支援費(医療提供体制整備費)は4月1日に遡って大幅増額

6月30日の予算総括質疑に関連して、順次記載します。

天下みゆきは5月の臨時議会で、現場実態を踏まえた病床単価の引き上げを要望。今回は国の2次補正での増額を踏まえて、宮城県も大幅な引き上げを求めました。

知事は、全ての入院協力医療機関を重点医療機関として位置付けて、国が引き上げた単価で4月1日に遡って補助する意向を示しました。

<引き上げ額>

ICU:97,000円→301,000円、HCU:41,000円→211,000円、

その他の病床:16,000円→52,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください