私学助成の拡充を求める

11月議会では、「私学助成拡充」に関する2本の請願が提出され、いずれも全会一致で可決されました。この件に関して総務企画委員会で以下のような質疑を行いました。

天下:2020年度は、国の就学支援制度の拡充により、年収590万円未満の世帯にとっては負担を減らすことができたが、590万円以上の世帯と大きなへだたりが生じている。宮城県の場合、年収590万円未満は保護者負担が平均31万円だが、590万円を超えると一気に54万円の負担となる。これに対して各県が独自の支援策を行っている。青森県では710万円までの世帯に12万円、山形県では910万円までに9万円の独自減免を行っている。全国では700万円までの世帯に独自減免を行っているのは23都府県に上っている。宮城県も590万円以上の世帯への独自減免を求めるがどうか。

総務部長は「宮城県は2020年度から、入学金や安全設備整備への助成を行っている」と、590万円以上世帯への独自減免に後ろ向きでした。引き続き要望していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください