知事は慢心することなく県民の方を向いて仕事せよ!

知事選挙後の11月議会で、一般質問を行いました。順次、その内容を報告します。

天下みゆきは一般質問で知事選挙の結果について、現職知事で得票数・得票率ともに減らしたのは村井知事が初めてであり、評価が下がった結果だと認めるべきと指摘し、知事は「批判もあったが信任された結果だ」と強弁しました。

また、投票日翌日に知事が県職員に対して、「この選挙結果は県職員を代表して私が受けたものです。職員の皆様は一生懸命仕事を頑張っていますが、慢心することなく、常に謙虚に、県民の方を向いて仕事をしていただきたい」と挨拶したことについて、知事自身が行うよう求めました。

知事は、天下議員の受け止めは曲解だとしつつ、「慢心することなく、引き続き県民の声に耳を傾け、より一層丁寧な説明を心掛けながら取り組んでいきたい」と答えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください