安心して住み続けられる島へ ~浦戸の現地調査をもとに塩竈市と宮城県に要望書提出①

8月12日、日本共産党の塩釜市議団と県議・天下で浦戸諸島をまわり、島民の要望をお聞きしながら現地調査を行い、要望書をまとめて8月24日に塩竈市、25日に宮城県に提出しました。以下、提出した要望内容です。

<朴島>

①浮き桟橋を設置すること。(県・市)

・島民の高齢化が進む中、船の乗降時に危険を伴うことが多く、高齢者でも安全に利用できる屋根付きの浮桟橋が要望されています。

②地震による岸壁の亀裂や隆起の補修を行うこと。(県)

③高台に避難施設を設置すること。(市)

 【①朴島岸壁】

<寒風沢>

①R3年地震で補修した漁港の岸壁が、R4年地震でも亀裂が入り被災した。杭を打った抜本的な改修工事を行うこと。 (市)

②漁港の岸壁が高すぎて漁業活動や漁船の乗り降りに支障をきたしている。物揚岸壁に物揚用階段及び係船岸壁にゴム式階段を計画的に設置すること。(市)

※野々島(市)、桂島(県)でも同様の要望

③岸壁ができるまでの期間使用するものとして設置した小型漁船の仮係留場所を、恒久的な係留場所として使用できるようにすること。 (市)

④市道寒風沢鰐ヶ淵線にガードレールを設置すること。(市)

 

【①寒風沢漁港の岸壁の亀裂】 【①②寒風沢漁港・物揚用階段と亀裂】

 【③寒風沢・小型漁船の仮係留場所】

<野々島>

①防波堤的役割を果たしていた野々島毛無崎地区の中ノ島・分銅島の崩壊により、台風や荒天時の沖波が直接港に押し寄せてくるようになった。島の崩壊箇所に消波ブロックを設置すること。 (県・市)

②市道浦戸線―吹越地域は大雨の際、胸まで水につかる状況であり、雨水を排水できるよう整備すること。側溝に堆積していた土砂を除去すること。(県・市)

③腐食して破損した「夜泣き地蔵・六地蔵」の案内看板を改修すること。(県)

 

【①野々島・島が崩壊した漁港】            【②吹越地域の土砂が堆積した側溝】

 【③腐食して破損した案内看板】

<石浜>

①災害時の避難施設を整備すること。(市)

<桂島>

①大雨で桂島海水浴場の防潮堤前の水路に土砂が流出した。排水ポンプの日常的点検及び、側溝にたまった土砂を除去すること。(県・市)

②防災集団移転元地の草刈を行うこと。(市)

 【①海水浴場付近の土砂がたまった側溝】

<全島>

①計画的伐採とは別に、松くい虫被害木の緊急的・臨時的伐採を行うこと。(県・市)

②浦戸全島の案内看板を整備すること。(県・市)

 

【①松くい虫被害】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください